2016年12月8日木曜日

ららぽ一と 商店街関係者は失望

 大沼・沼津市長 高架化「年度内に結論」撤回 「ららぽーと」方針踏襲
 推進派と見直し派 期待、不安の声
 ららぽ一と 商店街関係者は失望
 市長選で「スピード感ある市政」を掲げ、大差をつけて初当選した大沼市長。JR沼津駅周辺高架化事業で賛否の結論を先延ばししたことに対し、推進派と見直し派から期待と不安の声が上がった。ららぽーと誘致の方針には、商店街関係者から失望の声が漏れた。
 「沼津駅の高架化を実現する市民の会」事務局の沼津商工会議所の木戸英寿(えいじゅ)参与は「今年、来年が正念場だと、県や前市長に繰り返し訴えてきた。一日も早い着工を目指してスピード感を持って取り組んでほしい」と求めた。
 高架化見直しを訴える「原貨物駅に土地を売らない地権者の会」会長代行の殿岡修市議は「年度内はまず不可能だと思っていた。延びるのは仕方がない」と理解を示した。「無理して結論を急ぐのではなく、市民の理解が得られた上で結論を出した方がいい。正しい判断だ」と話した。
 市議会で市長の答弁を聞いた市商店街連盟の芦川勝年会長は「あんなに簡単に決断してしまうとは…。ショックを受けている。ららぽーと計画は検証すると聞いていたので、高架化事業と同じプロセスがあると思っていた」と語気を強めた。「高架化もニュートラルと言うが、行政の既定路線に取り込まれてしまうのでは」と疑問を口にした。



【東京新聞平成28126日(火)朝刊静岡版】

2016年10月20日木曜日

沼津商議所次期会頭 岩崎氏が内定

 沼津商議所次期会頭 岩崎氏が内定
 沼津商工会議所は19日、沼津市の同商議所で常議員会を開き、10月末で任期満了を迎える市川厚会頭(82)=石川建材工業相談役=の後任を岩崎一雄筆頭副会頭(76)=税理士法人イワサキ代表社員=とする人事を内定した。28日の臨時議員総会で正式決定する見通し。
 副会頭は後藤行宏氏(64)=ゴトー会長=を再任し、山口憲三氏(66)=山口製作所会長=、原国夫氏(61)JAなんすん常務理事=が新たに就任する。JA幹部が県内の商工会議所で副会頭に就くのは2例目。現副会頭の紅野正裕氏(63)=沼津信用金庫理事長=、秋元一寿氏(69)=秋元水産会長=は退任する。
 同商議所の副会頭は定款で4人と定められている。同商議所は残る1人の選任を進めている。
 木戸英寿専務理事(68)の退任、杉山金芳常務理事兼事務局長(62)の専務理事昇任も内定した。

【静新平成281020()朝刊】

2016年9月27日火曜日

沼津駅周辺商店完全消滅へカウントダウン(あと1000日)

ららぽ~と来秋着工へ
 沼津市議会一般質問 市長「調整円滑に」
 沼津市の栗原裕康市長は26日の市議会9月定例会一般質問で、同市東椎路の市街化調整区域に大型商業施設「ららぽーと」が進出する計画について、運営する三井不動産が2017年秋の工事着手に向けて準備を進めていると明らかにした。19年秋の開業を目指しているという。梶泰久氏(市民クラブ)への答弁。(東部総局・田村和資)
 現地は開発行為などに一定の制限がある市街化調整区域で、市は市街化区域に編入する方針で調整している。
 栗原市長は「7月に市街化区域へ編入するための都市計画原案が確定した。現在は年度末の都市計画決定に向けて順調に手続きを進めている」と説明し、「市も調整が円滑にいくように、(閲係機関と)連携して取り組んでいく」と強調した。

【静新平成28927()朝刊】

2016年8月30日火曜日

沼津商議所 市川会頭退任へ

沼津商議所 市川会頭退任へ

 沼津商工会議所の市川厚会頭(82)=石川建材工業相談役=が30日午前の常議員会で、10月末の任期満了を機に退任する意向を示した。後任は会頭経験者や同商工会議所の部会長で組織する選考委員会で協議し、10月の臨時議員総会で正式決定する見通し。
 市川会頭は席上「皆さんに指導していただきながら、約6年間務めることができた」と述べ、後進に道を譲る考えを明らかにした。今後は相談役として、同商工会議所の事業に対して助言する考えも伝えた。
 市川会頭は201011月就任で現在2期目、中心市街地活性化事業や14年の同商工合議所の新会館移転などに尽力した。

【静新平成28830()夕刊】